サーフィン 悩み パドリング「通常のパドルとテイクオフする時のパドルの違いとは?」

イメージ左

通常のパドルもテイクオフ時のパドルも基本同じです。

ただテイクオフの時は波にあわせてパドルすることがポイントです。

あと一番大事なことは力まないでパドルすることです。

姿勢も大切です。ボードに対して、どこに体を乗せるとバランスが取りやすいかを説明します。

これを知れば、ボードの上でバランスを崩す悩みが全て解決するでしょう。

サーフィン 悩み パドリング「手の形と肘の使い方・足を乗せる正しい位置」

サーフィン 悩み パドリングを含め紹介(右より画像)

確かに、海に行ってひたすらパドル、パドル、パドル・・・そうして上達していくのですが、やはり、「正しい基本・練習法」 があります。その基本を基にして

パドルが遅い原因を解説しながら、

いかに負荷がかからず速くパドリングできる方法について詳しく解説しています。

足の位置は、パドルを減速してしまう原因となります。

せっかくいい形でパドリングしていても、足の位置によって減速してしまいます。

プロも実践している足を乗せる位置をお教えします。

サーフィン 悩み パドリング「正しいパドルを学ぶのにおススメ!」

  
サーフィン 悩み パドリング サーフィン 悩み パドリング サーフィン 悩み パドリング

サーフィン上達プログラム

サーフィン 悩み パドリング

サーフィン上達革命

サーフィン 悩み パドリング

CATCH A WAVE

サーフィン 悩み パドリング
【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】DVD2枚組
商品詳細はコチラ

サーフィン上達プログラム

初心者の方を対象に、サーフィンの基本を短期間でマスターしてもらうことを目標にしています。
商品詳細はコチラ

サーフィン上達革命

サーフィンが最短で上達する方法。あなたもこれを読めばセミプロの仲間入り!明日からセミプロと呼ばれたくないですか?
商品詳細はコチラ

CATCH A WAVE

サーフィン 悩み パドリング「入水に関して抵抗のない指の使い方とは?」

パドル成功のカギ・・・

パドル時に手をどのように海に入れるか?指はどの指から入れるの?考えたこともありませんでしたが、やはり、正しい基本があって、ただがむしゃらに腕を突っ込んで水をかいていた時とは、明らかに上手くなりました。「水をつかみやすく」なっています。イメージはカッパのような感じです。

腕が疲れる・・・・・・

普段、人間は歩いているので、手はそれほど使っていません。しかしサーフィンでは、足の代わりに手を使います。ここは諦めて、パドルの強化に徹するのも上達の方法です。波の無い日に、ただパドルする練習は、本当に面白くもありませんが(意外な場所にリーフがあるのが分かったり、海の深い浅いが分かったり、発見はあります!)、その積み重ねが、疲れないパドルへと、成長させてくれます。

サーフィンの悩み「パドリング」を修正・解決!

パドリング(パドル)が思い通りに出来ない方へ。

上級者はなぜ、この波で沖に出れるのか?自分のパドルと何が違うのか?と悩んでいる方へ。

5分、10分で腕はパンパン、腕も上がらず、沖へ出れても、テイクオフの体力が残っていない方へ。

パドル中にボードの上で体が左右にバタバタする方へ。

パドルしていると、すぐに腕が痛くなってしまう方へ。

テイクオフ時に、どれだけパドルしても、波において行かれてしまう方へ。

上級者のような力強いパドルがしたい方へ。

テイクオフのパドルで、全力・全開・鬼パドルしているのに波に乗れない方へ。

パドルの姿勢が分からない方へ。

パドルが思うように出来ず、サーフィンが嫌になってきている方へ。

パドルの時の、手のひらの入れ方・漕ぎ方・腕の力の入れ方が分からない方へ。

水泳でクロールは上手いのに、サーフィンのパドルでは、上手くいかない方へ。

テイクオフの時、パドルで、呼吸を止めてしまう方へ。

テイクオフの時に、緊張して、体がガチガチに固まってしまう方へ。

パドル時に、上半身を少しも反れない方へ。

パドル時の、自分の重心・ボードの重心が分からない方へ。

上手い人は、パドルが楽そうに見えて、しかも速い。楽で、速いパドルを身につけたい方へ。

とにかく、パドルが上手くなりたい方へ。

Copyright © サーフィン 悩み パドリング|サーフィンの悩み解決サイト All rights reserved